安心と信頼 バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク 発色鮮やかな美しさ CAMPO MARZIO × バチカン美術館 コラボ 30ml ボトルインク 万年筆インク インク インポート プレゼント カンポマルツィオ 直輸入 文具 筆記具 ギフト イタリア 安心と信頼 バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク 発色鮮やかな美しさ CAMPO MARZIO × バチカン美術館 コラボ 30ml ボトルインク 万年筆インク インク インポート プレゼント カンポマルツィオ 直輸入 文具 筆記具 ギフト イタリア MARZIO,ギフト,直輸入,770円,カンポマルツィオ,×,インポート,インク,30ml,ボトルインク,万年筆インク,プレゼント,発色鮮やかな美しさ,コラボ,CAMPO,terrorynadamas.com,バチカン美術館,イタリア,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 筆記具 , 万年筆用インク,/hintingly1731647.html,文具,バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク,筆記具 MARZIO,ギフト,直輸入,770円,カンポマルツィオ,×,インポート,インク,30ml,ボトルインク,万年筆インク,プレゼント,発色鮮やかな美しさ,コラボ,CAMPO,terrorynadamas.com,バチカン美術館,イタリア,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 筆記具 , 万年筆用インク,/hintingly1731647.html,文具,バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク,筆記具 770円 バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク 発色鮮やかな美しさ CAMPO MARZIO × バチカン美術館 コラボ 30ml ボトルインク 万年筆インク カンポマルツィオ インク イタリア 直輸入 インポート 文具 筆記具 ギフト プレゼント 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 筆記具 万年筆用インク 770円 バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク 発色鮮やかな美しさ CAMPO MARZIO × バチカン美術館 コラボ 30ml ボトルインク 万年筆インク カンポマルツィオ インク イタリア 直輸入 インポート 文具 筆記具 ギフト プレゼント 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 筆記具 万年筆用インク

安心と信頼 バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク 発色鮮やかな美しさ CAMPO MARZIO × バチカン美術館 コラボ 30ml ボトルインク 万年筆インク インク インポート プレゼント カンポマルツィオ 直輸入 文具 筆記具 日本正規代理店品 ギフト イタリア

バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク 発色鮮やかな美しさ CAMPO MARZIO × バチカン美術館 コラボ 30ml ボトルインク 万年筆インク カンポマルツィオ インク イタリア 直輸入 インポート 文具 筆記具 ギフト プレゼント

770円

バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク 発色鮮やかな美しさ CAMPO MARZIO × バチカン美術館 コラボ 30ml ボトルインク 万年筆インク カンポマルツィオ インク イタリア 直輸入 インポート 文具 筆記具 ギフト プレゼント




















商品名CAMPO MARZIO(カンポマルツィオ)×バチカン美術館コラボ
万年筆用ボトルインク
内容量30ml
特徴バチカンにある「ニッコリーネ礼拝堂」のフラスコご画からインスパイアを受けて作られた、コラボステーショナリーシリーズ内の万年筆用インク。絵画のどのようなところからイメージしているのか、各色に秘められたストーリーと共に鮮やかな色合いをお楽しみ下さい。
ボトルにはバチカンの紋章入りで貴重なアイテムです。
注意事項■インクのボトルには傷等ないものをお出ししますが、外装(外箱)に傷やスレがある場合がございます。これによる返品交換はお受けできませんので予めご了承ください。
■インクのキャップには内蓋もついておりますが、ボトルに圧力を加えるとインクが漏れ出す可能性がございますので、ボトルを圧迫しないようにお取り扱いください。
■内蓋を外す際など、手や周辺にインクが着色する可能性がございますのでご注意ください。
■インクの色味がご覧のモニターによって実際とは異なって写る場合がございますがご了承ください。
Story of Color【Lazulite】ラズライトカラーの色合いは、ルネサンス期のフラ・アンジェリコのパレットに着想を得ており、その色はウルトラマリン(海の向こうから来た青)に相当します。ラズライトは、半貴石のラピスラズリ中の主な鉱物です。その名前はペルシャ語に由来し、石は主にアフガニスタンから輸入されていました。ルネッサンス期の最も重要な顔料の1つで、ティツィアーノやミケランジェロによって頻繁に使用されており、13世紀以来、それは最高の高貴さを象徴する色だったのです。ラピスラズリは貴重な天然由来で、ラズライトから成る半貴石を粉砕して作られています。
※深めのブルー
Story of Color【Azzurrite】塩基性炭酸銅のアズライトはラピスラズリに比べはるかに安価な顔料だったため、ローマだけでなく主に東洋(中国中西部、日本、古代エジプト)でも使用されていました。 15世紀のボロネーゼ写本segreti per colori(色の秘密)には多くの種類のナチュラルブルーの作り方が載っており、当時の芸術家達が独自の方法で貴重だった青色を作っていたことが分かります。この顔料は「アズーロデッラマグナ」/「アズーロディマウンタグナ」(山の青)/「アズーロチトラマリノ」(海のこちら側の青)という呼び方がありました。古代アズライトは、シノピア(赤褐色)とバインブラックベースの上に塗るテンペラペイントに使用されていたようです。
※少しくすんだライトブルー
Story of Color【Cocciniglia】この色はニッコリーネチャペルで頻繁に使用されているコチニールレッドをベースにしています。動物由来:コチニールカイガラムシが原料の色素で、アステカ族の間で染料や絵画用の顔料として使用されておりエルナン・コルテスらが現在のメキシコシティに位置するアステカ帝国の古都テノチティトランの市場で顔料を発見しました。特に古代世界の高地位の人々は富と社会的地位の象徴である赤を多用しており、西洋文化では赤は最も重要な色の1つ:例えば中世では王室の美徳として主に上流階級者が着用する最も高貴な色であり、聖母マリアのローブもその一つでした。ルネッサンス期では権力、権威、名声の象徴として重要な意味を持ち続けてきた色です。
※深めのレッド
Story of Color【Cinabrese di gelso】辰砂(しんしゃ)の赤を基調としたこの色合いは、ピンク色と同様の歴史があります。ピンクは赤の年下の兄妹のように位置付けられ、当初は〇〇色とは定義されておらず、「辰砂」(辰砂色)等と呼ばれていました。赤に少し白を混ぜて作った「淡い赤」とも表現され、ルネッサンス期においてピンク系統の色は、赤や青のような優越や権力を象徴するなどの特定の意味合いは持ってはいなかったのです。Chinabrese:朱色 Gelso:桑(植物)。ピンクには桑の実色が混ぜられていました。
※ピンクよりのパープル
Story of Color【Arzica zafferano】ルネッサンス期のパレットでこの色はアルジカイエロー(草本植物から抽出した黄味色)と組み合わせた天然のシエンナ土(黄土)をイメージして作られました。近代の文書によると、おそらくクロッカスの雄しべのサフランから生産されたと考えられ、中世の黄色の染料の中で最も高く評価されています。 供給は不安定でも非常に人気のある染料でした。 実際、顔料は通常釉薬として使用され、低から中程度の色を提供します。 不透明度と低から中程度の着色効果。それは主にシエナ、ローマ、シチリア島、ドイツで生産されていました。
※少しくすんだブラウン
Story of Color【Malachite】この色合いは、暗い色合いのマラカイトグリーンをイメージしています。この緑は生物に栄養を与えるエネルギーを象徴しています。ルネッサンスでは、特に5月に、若者の間で愛と喜びの象徴として使用されました。 マラカイトは鉱物(アズライトに関連する炭酸銅)で淡いボトルグリーン色をしており、 エジプト、ギリシャ、ローマの時代から使用されてきました。耐光性はあるものの、風化に弱く、硫黄を含む顔料と混合すると酸に分解し、暗くなる傾向がありました。この色は発見されている中では最も古い緑色の顔料であると言われています。
※少し深めのグリーン
Story of Color【Nero chierici】聖職者のローブをイメージした色合い。ルネッサンス様式のパレットでは、ブドウの黒や炭と組み合わせることで出来上がります。 古代から、黒色顔料は有機物の炭化から人工的に製造され、その煤(すす)は様々な方法:例えば骨炭、象牙の黒(フレスコ画用)、スモークブラック、ランプブラック:油煙(わずかに青い色調)、植物の黒、ブドウまたは炭の黒などから生産されました。ルネッサンス期で黒は落ち着きや質素な優雅さと結び付けられていましたが、よく使用されていた反革命期時は喪や憂鬱を象徴するだけでなく、深刻さや決意の暗示も担っていたのです。高価な色だったため、下層階級ではめったに使用されなかったことから社会的区別を示すものとなっています。
※ブラック

バチカン美術館と共同開発された貴重な万年筆インク 発色鮮やかな美しさ CAMPO MARZIO × バチカン美術館 コラボ 30ml ボトルインク 万年筆インク カンポマルツィオ インク イタリア 直輸入 インポート 文具 筆記具 ギフト プレゼント

毎日が攻めの姿勢



2021年のテーマは・・・



【この一歩から】

≫ EDIT

群馬〜長野

キモチのいい天気 vs キモチの悪いキャラ。




天気が心配だったんですが、高崎にある『群馬の森公園』に着いたときには快晴。どうですか、このキモチのいい天気!



雲ひとつない





抜けるような






青空にだけ注目して下さい。



そして、前橋へ。県庁の駐車場に車を停めて、着替えて・・・



親戚が集まってくれてる会場へ。



親戚たちに話しかけたりしてる時に、カメラの前を何人もの子どもたちが通り過ぎていきました。












オジサンが、銅像に話しかけてるのを不思議そうな顔で見ながら、周りをキャッキャ言って走り回ってました。



子どもたちが元気というのは、とてもキモチがいいですね。



そんなこんなで、いい作品が撮れたんじゃないかなと、勝手に思ってます。そして、そのまま長野の佐久市へと向かいロケハン。写真を撮ってる時は気づかなかったのですが

エスコ ESCO 電動工具 工具 【雑誌付き】ESCO 電動工具 15mm 丸穴用替刃(厚板用) エスコ

奥の景色が、いい感じでした。



さぁ、明日は、佐久市〜松本だ!

| どうぞうと | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

25日から銅像ツアー

その前に明日の朝は『~げんき karagenki』です。




今回も、本編?とおまけに分かれてます。本編では、ポッドキャスト番組を続けていくモチベーションとなる目標をぶち上げました。そんな『目標三本柱』は、①ラジオ番組を持つ ②スポンサーに付いてもらう そして3つ目は・・・



今回は、ビッグエコーのスタジオではなく、別のスタジオでの収録となり、十分に時間を確保して収録したつもりなのですが、時間が足りませんでした。



いや、たぶん喋り過ぎです。



メールも、なるべく多く読ませてもらおうと思ってたのですが、最後はスタジオを出ないといけない2分前に終わって、バタバタと大慌てで、スタジオから出てヘトヘトになるというセツナイ終わり方でした。



それが、配信のポッドキャストの放送にも余す事なく、恥じるそぶりもなく出ています。丸出しです。



次回のスタジオ収録は、これまでよりも30分長く押さえました。もちろん番組自体は『約30分』を目指してます。



今回で、ヴィンツェンツォのおまけは、終わり・・・になるハズでしたが、終われずに、むしろ次回は拡大版になる?いやいや、そんな事はありませんが


『カサノファミリーのみなさん、クムガプラザで待ってます』と題した総集編です。



そして、いくつかの質問です。


・アナタの推しのシーン、または、好きなシーンは?


・カサノファミリー、または、登場人物で、あなたの推しメンと、推しポイントは?


・納得いかないシーンは、やはりインザーギ?


そして、もうひとつは長谷川さんからのリクエストです。


・ヴィンツェンに影響うけて、ついやってしまう事


他、感想でもなんでも結構です。ブログのコメント欄、また、メール(karagenki2021@gmail.com)お待ちしてます。



ポッドキャストの番組は、コチラから・・・『~げんき karagenki』



お時間のある方、ごきげんなみなさんは、是非、どうぞ。

| どうぞうと | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

設定迷子

ついに80作品。




今月また『銅像を探す』ツアーに出ます・・・そして、今年中に100作品までいけるのか?



そんな80作品目は、実にシンプルな銅像・・・漁師さん。タイトル、作者、ともに不明なのが残念です。



九十九里浜有料道路一宮休憩所に立ってます。



この日は、絶好のサーフィン日和でした。



サーフィンできないけど・・・



この銅像と出会ったのは、もう随分前です。実は、3ヶ月前にも撮影に来てます。その時は、こんなに晴天ではなく、どんよりと曇ってました。ただ・・・





この時の出だしは・・・







後ろで海は大荒れでした。



結局、この時の『どうぞう と』は・・・お蔵入りになり、今回のリベンジです。



そんな『どうぞう と』・・・#80 気まぐれ漁師・石森勇次郎さん



お時間ある方は、是非、どうぞぅ。

| どうぞうと | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビンツェンツォが盛り上がってます。

Podcastにて。




10月から毎週月曜日の朝7時に配信してるPodcastエンタメ番組『〜げんき karagenki』が、本日第3回目の配信になりました。



韓流ドラマに全く興味がなかったのですが、一緒に番組をやってる長谷川さんから『ビンツェンツォ』見て下さいと言われ、まぁ、ぶっちゃけ、しょうが無しに見まして、それなりに面白かったのですが「第4話でピークやね」という話を先週のポッドキャストでやりました。



おまけ(ビンツェンツォ第4話まで)



が、しかし、長谷川さんいわく「いやいやいや、ピークはそこじゃない」と強く言うので、これまたしょうがなく第5話から見たのですが



ピーク、そこじゃなかった!!



という、おまけトークが、前回よりはるかに盛り上がってます。おまけ(ビンツェンツォ第11話まで)と本編などは・・・コチラ(Spotify)から



ちなみに、この時に長谷川さんが言った「ビンツェンツォが、たまに見せる顔」というので、番組内で撮った写真がコチラなのですが、似てないにもほどがあるので、内心「炎上してくれないかな」と思ってます。



顔より、地味なサンバダンサーみたいな袖の方が気になるわ!



というワケで、本日も、朝から『ごきげんです!!』

| ヒトリゴト | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見送られてる・・・像

千葉県青葉の森公園内で見送ってる銅像。




銅像会、いや、同窓会に出かける佐江(42)をベランダから見送る2人。



3人の関係は・・・




恋の予感?



はたまた・・・



そんな『どうぞうと』は・・・#79 見送られてマザー



お時間あれば、どうぞぅ。

| どうぞうと | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォークダンスを踊っています

なぜか、男子が余るんですよ。




ちょうど、前の道が工事中で片側通行になってましたた。そんな中、一人で撮影してたので、ちょっと離れたところにカメラを置いてる時とかは

淡いブルーとグレイッシュなホワイトのバイカラーが特徴のフレンチスタイル。丸みのあるフォルムや、ディテールで魅せるカントリーテイストな三面鏡ドレッサー フレンチカントリー 三面鏡 ドレッサー コンセント付き 幅60 隠し収納庫付 椅子 付き メイク ドレッサー 収納 メイク台 鏡台 3面鏡 化粧台 姫



緑のジャージを着て





ただただご陽気に




ひとりフォークダンスを踊って





通行人に披露して満足してる



オジサンにしか見えない。



歩いてる人は目をそらし、車の人は三度見とかして去っていくという地獄を味わってました。



そんな『どうぞう と』が・・・#78 ずっと一人でフォークダンス



お時間ある方は、どうぞぅ。

| どうぞうと | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポッドキャスト・・・とは

Apple Podcast だけだと思ってました。



ポッドキャストをやっております・・・やっておりますと書きながら、そもそも、ポッドキャストがどういうものなのかという理解度が低いです。いや、今は「理解度が低かったです」ですぐらいになってるとは思います。



スタート時点では、ラジオみたいなもの。という理解から、少しづつ前に進んで、ようやく初歩的な壁を乗り越えた気がしてます。ただ、インターネットに繋がってないと聞けないのか?いや、オフラインでも聞けるらしいぞ、という、まだまだあやふやなポイントを残しつつ、とりあえず先に進んでます。



Anchorというプラットフォームを使って番組の配信をしてるんですが(もう、この時点でプロっぽいでしょ?)そのAnchorが全部英語なんですよ(一気に素人になったでしょ?)しかも、自動で日本語訳をしてくれるシステムを使うと(プロっぽさと素人さが共存してるでしょ?)おかしな日本語で説明されたり、こっちが書いてる番組概要をプレビューで見ると、変な日本語になってて、それをSpotifyのサイトから見たら、ちゃんと書いたとおりになってて・・・



ひとつひとつ前に進むのに「いィ~~~~」ってなりながらやってます。



たぶん、こういうのに慣れてる人は「そういうもん」って理解しつつサクサクいけるんだと思うのだけど、完全に3歩進んで2歩下がって、結構な時間を無駄に使ってる自覚があります。



そんなこんなで四苦八苦してたら「日本語のAnchorありますよ」と教えてくれたのですが



もっと~~~~もっと~~~~~早く~~~~~!



と、心の中で叫びました。



ちなみに『ポッドキャスト』をやり始めて、一番ビックリしたのは、ポッドキャストって、アップルポッドキャストの事だと思ってたら、種類いっぱいありました。



なんなん?ポッドキャストって、なんなん?



というスタート地点に戻った瞬間でした。



で、ここから先が、今回、一番知りたい未知の世界なのですが、先程も書いたようにAnchorを使うと、Spotifyを始めとする様々なプラットフォームに自動的に配信されるというとこまで理解したのですが、ポッドキャストの中で、一番ポッドキャストだと思ってた『Apple Podcast』には、まだ配信されてないのです。



で、よく読むと「審査はそれぞれのプラットフォームが行います。配信が許可されない場合もあります。また配信開始までに、一定の時間がかかるプラットフォームもあり・・・」などと書かれてます。



え?引っかかってるの?審査に引っかかってるのか?





Apple Podcastさん。われわれの番組、なんら公序良俗に反してたり、いや、今後、多少のシモネタがないとは言い切れませんが、それはそれで、温かいシモネタをめざして・・・温かいシモネタってなんや?



とにかく、爽やかな気分でギリッギリ生き抜く月曜という一週間のスタートを切る朝を、ちよこちょこ息抜きながら



こんな感じでお届けしてる番組です。



安心して審査を通して下さい。



明日は、2回目の配信です。Spotifyからは・・・コチラです

| ヒトリゴト | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みはらしの丘(ひたちなか海浜公園)

ネモフィラの時期は4月です。



ネモフィラが終わって刈り取りが始まったら、すぐにコキアの植付けが始まるから、忙しくなるよ・・・というセリフから、すでに半年近く経ってる・・・何してたんだ?



すでにネモフィラの時期は終わり、もうすぐコキアが彩りますよ。



今回は、JRの勝田駅前に立って、出勤していく旦那を見送ってる奥さんと子どもです。



シリーズ『見送られてる・・・像』です。



【どうぞう と】・・・#77 もうすぐネモフィラ刈り



お時間ありましたら、どうぞぅ。


| どうぞうと | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アカペラから始まってます

聞けてますか?



月曜朝〜げんき。合言葉?は「ごきげんです」です。「ごきげんですか?」と尋ねずに、自分から言っちゃいましょう「ごきげんです!」



番組視聴は、コチラからどうぞ・・・『アカペラから始まります』



番組はSpotifyが、一番早く聞けるようです。お時間ある方は、是非!!

| ヒトリゴト | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだセミが鳴いてた頃です

7月下旬の名古屋です。




まず、夏休みの間にアップしたい銅像があったので・・・と思って放置していた銅像たちがいます。今日アップした銅像を編集してたら、そういえばセミが鳴いてた事を思い出して、いやいや、セミより



リケルが泣いてるわ!



あ、コチラの作品は、いつもお世話になっている朝倉響子さんの作品です。今回の作品は、ポツンとひとり座ってる『リケル』です。

メモリアルフォトフレーム フラワーアレンジ メモリアルフォトフレーム L判 フラワーアレンジ BOX フレーム ステージホワイト ミニ仏具8点セット 肉球コルクマット おりんセット ペット仏壇 ペット仏具 はじめての手元供養 犬 猫 ペット供養 ペット仏壇 ペット仏具 手元供養 かわいい メモリアル

悩んでるというか、なんかイヤな事あったんでしょうね、きっと。



いつ頃からか忘れましたが、妹が筋トレに夢中になってまして、首とか痛めてるのに筋トレをやめられないという、なんていうんでしょう・・・ダメな男とわかってるのに別れられないみたいな?ちょっと違うか?



まぁ、とにかく続けてるんですよ、筋トレ。ダイエットのための筋トレではなく、もぉ、闘うための筋トレみたいなメニューをこなしてます。そんな筋トレ女子の妹が、欠かさずやってるのがブルガリアンスクワットという



これが、まさにブルガリアンスクワットなのですが・・・



この体勢に、更に10キロ程のバーベルを首の後に背負ってやってるようです。ちょっとやってみたんですけど、すぐにやめました。



で、そんな頃に出会った『リケル』は、完全に落ち込んでるでしょ?なんかあったんですよ、きっと。



そんなリケルの相談に乗ってる友人が筋トレ女子という『どうぞう と』です。なんか、ちょうどいい高さの台に座ってたんです、リケルが。



そんなリケルと筋トレ女子との『どうぞうと』・・・#76 筋トレは裏切らない



お時間ありましたら、どうぞぅ。

| どうぞうと | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT